【形成外科】診療内容・医師紹介

形成外科について

形成外科は、皮膚をはじめ体表の組織を扱う外科であり、整容面や形態などに関する疾患や外傷を主に診療を行っています。
顔面や四肢の外傷においては、さらに骨格にも外傷が及ぶことがあるため、時に骨や骨格筋、神経などを扱うこともあります。

当科の概要

【当院で扱っている疾患】
皮膚・皮下腫瘍(できもの、しこり)、母斑(あざ)、眼瞼下垂、陥入爪(巻き爪)、外傷後のひきつれ、顔面の瘢痕(きずあと)等、熱傷、挫創、切創などの外傷、他にも可能な範囲で対応いたします。
当院で治療が完遂できないと判断した場合は、然るべき連携病院へご紹介いたします。

担当医師

6a1209eb662f8d1561af40db4f1bee9c
非常勤
藤原 修
専門分野
形成外科
保有資格等
日本形成外科学会 形成外科専門医
日本熱傷学会 熱傷専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
再建・マイクロサージャリー分野指導医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施医
page-top