平成30年度 吉祥寺南病院 病院指標


年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~ 90~
患者数-
35554466107160284458224

                    

集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

平成30年度に当院を退院された患者さんを10歳毎の年齢区分で集計しています。

年齢階級別では、80歳代が最も多く、全体の3割を占めており、60歳以上の患者さんが全体の8割を占めております

当院の特徴として、一般病床での急性期治療とともに回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病床を有し、在宅復帰への支援を多く行っている地域密着型の病院です。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

【内科】010
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
040081xx99x00x誤嚥性肺炎70
21.77
20.92
10.00
87.07
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症24
16.92
12.58
8.33
78.13
050130xx99000x心不全16
22.63
17.66
12.50
86.75
100380xxxxxxxx体液量減少症




040081xx97x0xx誤嚥性肺炎




161020xxxxx00x体温異常





集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。 誤嚥性肺炎での入院が最も多く、肺炎疾患が内科入院疾患全体の約35%を占めております。 また、消化器内科、循環器内科を専門とする医師が在籍し、消化管内視鏡検査や治療、循環器の専門性の高い分野にも対応しております。
※回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病床も集計に含まれるため、平均在院日数は全国と比較し、長くなっております。


【外科】110
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
060100xx01xx0x小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)14
2.50
2.67
0.00
58.43
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症14
20.14
12.58
0.00
76.64
060102xx99xxxx穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患13
6.38
7.75
0.00
69.62
060160x001xxxx鼠径ヘルニア(15歳以上)13
4.08
4.96
0.00
74.85
060210xx99000xヘルニアの記載のない腸閉塞10
6.10
8.95
20.00
56.8

消化器科外科を専門とし、大腸ポリープや腺腫(良性腫瘍)や腎盂腎炎、尿路感染症など消化器疾患が上位を占めております。 手術症例では侵襲性の少ない内視鏡治療や腹腔鏡手術も積極的に行っており、治療ガイドラインに基づいた適切で丁寧な診療、治療を心がけております。
※回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病床も集計に含まれるため、平均在院日数は全国と比較し、長くなっている疾患もあります。


【整形外科】120
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)52
26.35
19.61
7.69
82.75
160800xx01xxxx股関節・大腿近位の骨折46
42.43
26.30
10.87
87.96
160620xx01xxxx肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)33
10.64
14.27
0.00
28.36
070230xx01xxxx膝関節症(変形性を含む。)29
33.59
24.26
0.00
76.45
160760xx97xxxx前腕の骨折29
4.52
5.68
0.00
65.24

第1位は胸椎、腰椎以下骨折損傷、第2位は股関節大腿近位骨折となっており、高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症する傷病が多くなっております。 また、上位5疾患のうち4疾患は手術症例で占めております。リハビリスタッフとの連携のもと術前・術後のリハビリテーションを充実させ、早期の社会復帰を目指し治療を行っております。
※回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病床も集計に含まれるため、平均在院日数は全国と比較し、長くなっている疾患もあります。


【脳神経外科】150
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
160100xx99x00x頭蓋・頭蓋内損傷、手術なし41
14.12
7.35
4.88
74.78
010040x099000x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)36
54.64
18.72
0.00
70.42
010230xx99x00xてんかん23
17.26
7.28
4.35
64.43
160100xx97x00x頭蓋・頭蓋内損傷、手術あり23
23.74
9.69
4.35
74.74
030400xx99xxxx前庭機能障害18
3.00
5.10
0.00
62.94

頭部外傷や脳血管障害を中心に脳疾患全般に対応しており、症状に応じて手術治療、保存的治療を選択し行っております。 また、急性期の受け入れだけでなく、近隣医療機関からの紹介症例も多く、充実したリハビリテーションや退院支援を提供しております。
※回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病床も集計に含まれるため、平均在院日数は全国と比較し、長くなっている疾患もあります。


【皮膚科】300
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
080010xxxx0xxx膿皮症




080020xxxxxxxx帯状疱疹




080100xxxx0xxx薬疹、中毒疹




080250xx9701xx褥瘡潰瘍





集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。
皮膚疾患での入院症例にも対応しております。また、他診療科入院での全身疾患の一症状として皮膚に生じる病変等、多彩な症状を併診して治療にあたっております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数




初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage IIStage IIIStage IV不明
胃癌
1
7,8
大腸癌2
8
乳癌1
8
肺癌1
8
肝癌2
8



胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の5種類は5大癌と呼ばれ、がんの進行速度はUICC(国際対がん連合)が定めるTNM分類が用いられています。

TNM分類とは

T=原発巣の大きさと進展度

N=所属リンパ節への転移状況

M=遠隔転移への有無

3つの判断軸を指し、それぞれのがんを期(早期)~(末期)の病期に分類しています。

「初発」とは当院でそれぞれのがんの診断あるいは初回治療を実施した場合を指し、「再発」とは当院・他の医療機関を問わずに初回治療の完了後、当院での診断またはがんの寛解(がんが縮小・消失している状態)後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移が現れた場合を指します。

当院において初発、再発ともに10件以下であるため、集計条件に基づき、表示上は-となっております。


成人市中肺炎の重症度別患者数等


患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明



集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

全体的な傾向としては、中等症の患者さんが最も多く、全体の半数以上を占めております。重症度が高いほど平均在院日数も伸びる傾向となっております。

市中肺炎とは、自宅などで生活していてかかる肺炎のことで、病院に入院していてかかる院内肺炎と区別されます。

肺炎重症度分類(A-DROPシステム)に基づき入院時に状態から重症度を決定しています。

A-DROPシステム

AAge):男性70歳以上、女性75歳以上 

DDehydration):BUN 21mg/dL以上または脱水あり 

RRespiration):SpO2<=90%PaO260Torr 以下) 

OOrientation):意識障害あり 

PPressure):収縮期血圧90 mmHg以下 

上記指標のうち、

軽症は上記指標のいずれも満足しないものを指します。

中等症は上記指標のうち1つまたは2つ有するものを指します。

重症は上記指標の3つ以上を有するものを指します。ただし、意識障害・ショックがあれば1項目のみでも重症とします。

超重症は上記指標の4つまたは5つを有するものを指します。


脳梗塞の患者数等


発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内7248.1178.5116.22
その他3952.1373.954.50



脳梗塞を発症日3日以内とその他で分け、患者数、平均在院日数、転院率を集計しております。

当院での脳梗塞治療は3日以内が72件と最も多くなっており、救急の受け入れを積極的に行っております。

また、急性期治療後の継続的なリハビリテーションが必要な患者さんに対しても、回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病床を介して、充実したリハビリテーションと退院支援を行っております。

回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病床も集計に含まれるため、平均在院日数は全国と比較し、長くなっております。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)


【内科】010
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K664
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)





K654
内視鏡的消化管止血術





K6872
内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)





K7211
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)





K0051
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル未満)





集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

内科入院中の嚥下障害のある患者さんに対して施行した胃瘻造設術が最も多くなっており、内視鏡的手術が主要手術を占めております。




【外科】110
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K664
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
15
6.87
7.4
66.67
70.47
K6335
鼠径ヘルニア手術
13
1.23
1.85
0
74.85
K7211
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
13
0.62
1.54
0
60.92
K718-21
腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)





K672-2
腹腔鏡下胆嚢摘出術




集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

当院外科は、消化器が専門になります。外科で多い手術は、患者さんに侵襲性の少ない内視鏡や腹腔鏡を使用しております。



【整形外科】120
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K0461
骨折観血的手術(大腿)
47
2.38
35.85
10.64
84.55
K0821
人工関節置換術(股)
47
1.43
34.11
0.00
77.04
K0462
骨折観血的手術(下腿)
31
1.68
9.13
3.23
60.39
K0483
骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)
26
1.00
2.38
3.85
53.77
K069-3
関節鏡下半月板縫合術
17
1.06
8.41
0.00
23.47

整形外科で最も多い手術は大腿部頚部・転子部骨折に対する骨折観血的手術(大腿)人工関節置換術(股) で合わせて94症例となっております。

肩・膝・股関節と外傷を中心に手術を行っており、当院手術症例の約60%が整形外科になります。




【脳神経外科】150
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K164-2
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
17
5.94
28.53
5.88
81.47
K664
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
12
50.75
68.17
16.67
80.25
K164-4
定位的脳内血腫除去術
K1742
水頭症手術(シャント手術)
K1783
脳血管内手術(脳血管内ステントを用いるもの)

集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

脳神経外科で多い手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で17症例になります。

当院は連携医療機関として順天堂大学附属病院と連携をとっており、脳血管内手術など高度な手術も当院で対応しております。


その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる


集計条件により症例が10件未満の場合”-”で入力しています。

当院では、手術や処置など行う際には細心の注意を払い施行しています。

そのため、手術・処置等合併症の患者数は多くありません。

2019.9.27
page-top